伊藤 惠

ライフスタイルアドバイザー

プレシャスライフ代表


【資格】
・キャリアトランプダイバーシティ・ナビゲーターインストラクター
・キャリアトランプ資格認定講師
・キャリアトランプ認定校 Precious life校 校長
・栄養士
・食育指導士
・家庭科教員免許
・岐阜市家事メンセミナー講師(2017~2020年度)


心と食から、あなたの人生にアプローチ
笑顔いっぱいのライフデザインを一緒に描いていきましょう


私が好きなもの。

それは「人」。そして「笑顔」。

あなたとしっかりと向き合い、あなたを笑顔にしたい。

 

はじめまして。

ライフスタイルコンサルタントの伊藤惠です。

 

知ると知らないでは人生が違ってくるという体験をしてきました。

そして思ったのは、知っていることを伝えることの大切さです。

 

「生きることは食べること」といわれるように、よりよい生き方をする上で、食と心はとても重要だと考えています。

心も体も健康であってこそ、人は自分らしく生きていけるのです。

 

キャリア支援ツールのキャリアトランプを活用しながら、これまで歩んできたことを整理し、この先の人生への意味付けを見出していきましょう。

あなたが持っている「宝物」が、必ず見つかります。

その「宝物」を活かして、自分らしい笑顔あふれるライフデザインを一緒に描いていきましょう。 

 

あなたの輝く笑顔が、私の最大の喜びです。

夢を持って進んだわけではない栄養学の世界

周りの流れに従うように大学進学を決め、いずれ家庭を持ったら役立つかなという程度の気持ちで大学では栄養学を専攻しました。調理実習はよかったのですが、電卓しかなかった当時、カロリー計算はとてつもなく面倒で。まったく面白さを感じませんでした。

そんな中、唯一楽しかったのが、家庭科の教員免許を取るために行った教育実習です。

学生さんたちから「授業がすごく面白い」なんて言われて、嬉しかったことを覚えています。今思えば、人前で話し相手が笑顔になることにやりがいを感じたのは、自分の価値観につながっていたのかもしれません。

でも、教師になろうとまでは思わず、卒業後は出身地の岡山に戻り、地元の大手百貨店に就職。もともと人と接することが好きだったのでサービス業の仕事を楽しくやっていたのですが、結婚を機に退職。岐阜で専業主婦になりました。

知るべきことを知ると、人生は変わっていく

3人の子どもに恵まれたものの、友達も知り合いも全くいなかったので、かなり孤独な主婦でした。そのうえ2人の子どもはアトピー性皮膚炎。かなりひどい状態でした。アトピーにいいといわれる色々なことを試しても、なかなか改善されず思い悩んでいる時、細胞を元気にするという考えのもと、7大栄養素を整えるための補助食品に出合いました。アトピーで困っていた一番下の子が2歳になったときのことでした。

またその頃、4人目を授かったのですが、入院が必要になりました。つらい経験をしましたが、この入院は、私の人生で大きなターニングポイントにもなったのです。

一緒に病室にいた妊婦さんたちの病院食以外の食生活は、明らかにカルシウム不足を感じさせるものでした。自分自身の食生活も見直してみたら、植物性たんぱく質が足りていなかったことにも気づきました。

そして思い至ったのが、入院している妊婦さんたちも私も、食と栄養のことをもっと知っていて気をつけていたら、この状態を防げたかもしれないということ。知るべきことを知っていれば(実践が伴うことが必要ですが)、人生は変わっていくのです。食について「知るべきことを知ること」、そして「知っている人は知らいない人に伝えること」の大切さを痛感し、食の大切さを伝えていくことを決心しました。

組織での失望とキャリアトランプ®との出合い

子どもたちのアトピー症状は、不足は補助食品を摂り、多いものは減らし、栄養バランスを整える中で、徐々に改善されていったこともあり、退院後はその補助食品の良さを伝える販売の仕事を始めました。食の大切さとともにその食品の良さを伝えることで販売成績も伸び、仲間もできていったのですが、どれほど業績を伸ばしても次に進めない組織に悩み、疑問を持ち始めるようになりました。

組織人として煮え切らない状態ではありましたが、一方で食の大切さを伝える活動にも取り組み始めていました。食育基本法が成立したものの、学校現場では栄養教員が間に合っていない状況だったこともあったのでしょう、子ども担任から食育をテーマに何かやってくれないかと話があり、仲間と一緒に45分間、栄養についての食育劇の授業をしたのです。

これが結構評判を集め、幼稚園や他の学校からもやってほしいと依頼をいただきました。

地域の児童センターで食育をテーマにした「母親講座」を開催すると、参加者からもっとやってほしいという声があがり、2010年に市民活動グループ「ほっぺの会」が誕生しました。

そんな頃に出会ったのが、キャリア支援教材キャリアトランプの開発者・吉居理奈子氏です。悩みを相談すると、「組織は巻かれるか、出るかだよ」と。吉居と出会いキャリアトランプのセミナーを何度も受講するうちに、自分の強みや自分のやりたいこと、原点を整理することができ、「組織から独立して、子育て中のママたちに食育の大切さを伝えていたい」とはっきりと方向が決まりました。

‶世話好きなおばちゃん″はあなたの笑顔のために

「ほっぺの会」は‶こころとからだの応援団″として健やかで未来輝く心と体づくりを提案・サポートしています。発足当初は若いお母さんたちに対する食育を通じた応援活動が中心でしたが、発足から10年たった今では社会情勢も大きく変わってきました。子どもや男性に向けて料理教室を開くなど、活動を広げています。

2012年に商品化されたキャリアトランプの、第1回目のファシリテーター資格認定講座を受講したのは2013年のことです。同期はキャリアコンサルタントや大企業の人事担当者などそうそうたるキャリアを持つ方たちばかりで圧倒され、2015年には、講師養成講座を受講、資格認定試験のときは身が縮む思いだったことを思い出します。そして2年後の2017年、人生一度切りの体験とキャリアトランプで自分が体験した「やれるかも!やってみよう!」という感覚を一人でも多くの方に広げるためにキャリアトランプ認定校「Hoppeスタイル.1st校」をスタートしました。